恋活日記 〜30代男子の恋活体験記〜

結婚に全く興味がない30代男子が、婚活パーティなどなどに参加した体験記を書いていきます。まずは気軽に遊べる女性と出会いたい!

まずは自分の市場価値・売りを自覚する


ただ目標も戦略もなく行動していても良い結果を得ることはできないわけですよ。そんなわけで、まずは自分の市場価値、自分の資質についてまとめてみようかなと。で、推せるところ、克服すべきところなどなどを分析してみましょうか。

で、どんな感じでまとめるかというと、強み弱みといった自分の能力や外見的なこと、そして機会脅威といった自分の力でコントロールしきれない外的要因、この4方向から考えてみます。


まずは強み。容姿や体型は標準的だと思ってます。だからこそ、服装やアクセサリ等で外面を良くする努力は怠らないですね。また、結構多趣味です。サイクリングや写真、料理、小旅行といったものからオタク的なアニメとか漫画、コスプレ(多分最も大きなウェイトを占める)まで幅広い趣味を持っています。さらに、仕事柄政治のニュースや経済のニュース、エンタメのニュースをよく調べたり、ウィキペディアを読むことが大好きなので、ある程度の話題にはついていけると自負しています。ちなみに収入は標準的です。

次に弱み。仕事が忙しいところ、そして貯金が少ないところです。そういう意味で、経済的な点を強く考慮する方とはなかなかうまくいかないような気がします。また、転職活動については可能な限り今年中に結果を出し、来年からは新天地と考えていますので、こういう不安定な状況はある意味弱みになるのかなって思います。克服するには結果を出すってことしか無いんですけどね。

そして機会。今が10月下旬であり、もうそろそろクリスマスや冬コミ、大晦日とカップルで過ごしたいと思われてる様々なイベントが増えてきます。つまり、多くのパートナーのいない男女はパートナーが欲しいと思ったりする可能性が高いわけです。タイミング的にパートナーを見つけやすいんじゃないかな。

最後に脅威。タイミング的にパートナーを見つけやすいと書きはしたけど、当然それに伴いライバルも増えてくるわけで。私と同じ考えの人って多いはずなんです。また、TOEICや法律の勉強をしてるので、そのスケジュールを優先しつつパートナー探しも平行して行う必要があるんです。だから、自分のスケジュール管理はかなり上手にやらないとどれもがダメになるかもしれないんですね。


一言でまとめると、


【強み】服装や清潔感重視、多趣味、標準的な収入

   → 第一印象や雰囲気、トークを好意的に見られるよう研究し、場数を踏む


【弱み】仕事の忙しさ、貯金の少なさ

   → 節約と貯金を工夫する。あと仕事は効率的にやっていく


【機会】パートナーが欲しい女性も増える季節

   → 普段見せない積極性をがんばって出す


【脅威】男性参加者との対立、勉強との両立

   → 服装やトーク内容を人とはかぶらないよう差別化を図る
     勉強は土日だけでなく平日も30分でも良いから取り組む



というところでしょうか。


ここで弱いなって思うのが「強み」ですね。あまり良いアピールポイントではないとは思っています。でも無難さはあるのかな。また、「脅威」についてはそれほど問題視していません。女性を奪い合う、なんてことはしないですね。お互いフィーリングと条件の合う人に出会えればそれでいいので。

「弱み」については、これからいくらでも挽回可能なので、とにかく様々な本やノウハウを学び、いい結果が出せるよう行動していくって感じですかね。

そして「機会」を上手に使い、ぜひ自分が妥協できるレベルよりも上の結果が出せればいいなって思っています。


この1冊ですべてわかる 経営戦略の基本

この1冊ですべてわかる 経営戦略の基本

企業戦略論【上】基本編 競争優位の構築と持続

企業戦略論【上】基本編 競争優位の構築と持続