恋活日記 〜30代男子の恋活体験記〜

結婚に全く興味がない30代男子が、婚活パーティなどなどに参加した体験記を書いていきます。まずは気軽に遊べる女性と出会いたい!

初めて参加した婚活パーティの失敗談

前回参加した婚活パーティにてカップルになれなかった理由を検証してみました。


正直な話、カップル成立するって本気で思ってました。その理由は2点。


1.積極性?
まず1点目はフリータイムで話しかけてくれたから。女性からお目当ての男性に話しかけに行き、そこで10分程度会話するっていうセクションがパーティの中盤くらいにありました。そこで指名され、最後のフリータイムでも2人で話すことができました。3分や10分といった短い時間しか話す機会が無い中で積極的に話しかけてくれたんで行けるかなって思ってしまえたんですね。俺って中学生か!?


2.私と似てる?
次に2点目は趣味や仕事、境遇がすごい似ていて話が盛り上がったところです。同じ映画やアニメが好きだったり、出身地が同じだったり、職種が同じだったりと共通点がたくさんありました。さらに好きなものまで一緒だったのですごい親近感が湧いたんですよね。


そんなこんなで、この女性を第1希望にしてカードを提出したんですが結果は選ばれず。


で、いろいろと約3時間のパーティを思い返しつつ、どこが良くてどこが悪かったのかを検証してみました。


まずはトーク内容。しゃべりすぎたかなって感じました。いつもなら結構聞き手に回る傾向がある私なんですが、とにかく間を持たせたい、自分のことを話したい、と思うがあまり若干自分から話しすぎたところがダメだったのかなって思いました。

また、踏み込んだトークをしすぎたのも悪かったと思います。転職を考えていることや結婚願望はまだあまり無いって話をしたせいで、ちがうな、と判断されたのかもしれません。


他の側面から考えると、始めの3分間のトークタイムで結構いいなって思った女性とフリータイムで全く話せず、選ばれることもないだろうなとマッチングカードに番号を書かなかったこと、というのもあるかもしれません。

別にカップル成立したからといって付き合わなければいけない、また結婚をしなければならないってことは無いわけです。だからこそ、印象がいいなって思えてさらに話も合う人だったら、カップル成立に向けて行動し一緒に食事や飲みに行ったりしてそこで判断すべきかもしれませんね。もっと軽く考えないと!


というわけで、ダメだったなって思うポイントをまとめます。


1.焦って自分から話しすぎた
2.婚活パーティってのを重く考えすぎていた


というところでしょうか。

次回参加する際は、話を聞く姿勢を忘れず、さらにきっかけを作れればいいって軽く考えて参加するようにします。

あくまで婚活パーティはきっかけ作り。いきなり結婚、ではなく飲み仲間、彼女とステップアップしていく入口的なものだと思います。そんな入口を提供してくれるサービスってスゴイなって思っています。だからこそ、上手に使っていかなければならないですね!


タイプがわかればうまくいく! コミュニケーションスキル

タイプがわかればうまくいく! コミュニケーションスキル